« [エクセル] RangeオブジェクトのFormula/Value/Textプロパティ | トップページ | [VBA] 変数のプリフィックス »

毛利元就 全五巻 読破!

中国の覇者、謀将・毛利元就を主人公にした 榊山潤 [さかきやま じゅん] さんの小説、読み終わりました。全部で5巻です。いつから読んでたか覚えてないですが、大体、2ヶ月くらいかな。

面白かったです。長さもこれくらいがちょうどいいですね。
毛利元就を読む前に、山岡荘八さんの徳川家康を読んでたんです。が、これが、長いのです。途中で7巻目。物語は、武田信玄が死んで跡目を継いだ勝頼の領地を家康がチビチビ切り取ってるところです。信長包囲網のあたりでしょうか? あと、将軍追放、長篠の合戦。本能寺の変。伊賀越え・・・とかなので、先はまだまだっぽいです。全部で30巻くらい?

毛利元就のほうですが、話の始まりは郡山入城から。兄の子・幸松丸の病死により、毛利宗家を元就が継ぐ。弟との確執とか、吉川との対立とかあって、安芸における支配の拡大が徐々に進行。そのころ、尼子の支配下から大内へこっそり鞍替え。この事実を知った尼子が、大挙郡山へ。これを尼子の援軍とともに撃退したころから、元就の名声が周辺に高まる。今度は、大内とともに尼子攻略へ。が、これに惨敗。死を覚悟の敗走劇から無事帰還した元就は地盤強化を急ぐ。吉川、小早川の両家への養子。いわゆる毛利両川成立とともに、安芸・備後の支配を徐々に確立。そこに大内家の内紛勃発。この機会に賭けに出た毛利家。大内家の陶晴賢を、村上水軍の援助のもと厳島で撃破。その勢いで山口を占拠。大内義長を長府へ追い出し、切腹に追い込む。大内家滅亡。
ここまでです。

この後、隆元の死とか、尼子・大友との戦とか、あるはずですが、そこはなかったです。実は、この辺も読みたかったんですが、中国5カ国太守に成長したところまででした。
それと、安国寺恵瓊が出てこなかったです。の様な気がしますが、出てきたんでしょうか?っていうかそんなに影の薄い人物じゃないはずですが。もしかして、浄現坊のこと? でも、山伏でしたし・・・

合戦好きの僕的には、戦争シーンが少なかったような感じがして、ちょっと残念。基本的には、石橋をたたいてわたる毛利軍ですから。謀略・計略メインですね。信長とは違うタイプの武将で、これはこれで好きです。慎重派。

毛利家の続きがとっても読みたいので、輝元時代の毛利家とかの話の小説を探してみようと思います。
でも、銀河英雄伝説の外伝3,4をBOOK-OFFで見つけて買ってきたので、先にそれを読んでから・・・

|

« [エクセル] RangeオブジェクトのFormula/Value/Textプロパティ | トップページ | [VBA] 変数のプリフィックス »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44406/1156883

この記事へのトラックバック一覧です: 毛利元就 全五巻 読破!:

« [エクセル] RangeオブジェクトのFormula/Value/Textプロパティ | トップページ | [VBA] 変数のプリフィックス »