« [エクセル] セルの書式設定、ユーザー定義 | トップページ | [エクセル] ボタンによるマクロの実行方法 »

[EAC] ドライブ設定

久しぶり(5ヶ月ぶり?)に、CDのコピーをしようと思ってExact Audio Copyを起動したら、なんと、ドライブの設定が消えてしまってます。なぜだかよく分かりませんが、仕方ないので、もう一度やり直すことにしました。また消えてもいいように、メモっときます。

ついでなので、全部はじめからやり直すことにしました。MUSIC PCさんを参考に、「EACオプションの設定」を。ほぼ、記述どおり。たまに、自分用の設定。つぎに、ドライブ設定。家のPCは、DVD-ROMとCD-RWと2台入ってるので2つやります。

DVDの方は、Lite-On(だったと思う)の JLMS XJ-HD165H、CD-RWの方は、AOPEN CD-RW CRW5232。まず、DVDの方に、音楽CDをセット。「読み込み性能検出」、全部○。「読み込みコマンド自動検出」、MMC1。オフセットとギャップは後で。同じCDをCD-RWに方に。こっちも結果は同じです。

つぎに、ギャップです。検出精度は、「安全」に。検出方法は、ここに書かれてるとおり、ストップフォッチで計ってみました。トラック数11のCDを使用。

結果。(単位、秒)

モード1回目2回目
[JLMS XJ-HD165H]
検出方法A--
検出方法B4140
検出方法C3836
[AOPEN CD-RW CRW5232]
検出方法A1517
検出方法B2628
検出方法C8179

どうやら、CD-RWの方が早いみたいです。DVDの方は、検出方法Aは使用できないとのメッセージが。なぜ? この結果を使用、DVDは方法C、CD-RWは方法Aに設定です。

次に、オフセット。先に、CD-RWの方からやります。Exact Audio Copyを使った音楽CD完全バックアップにCRW5224のデータがあったので、これを使って、書き込みサンプルオフセットを+6に設定。オフセットテストCDを作ります。作ったCDで、「読み取りサンプルオフセットの検出」。+97になったので、多分あってるはず。でも、一応確認します。書き込みサンプルオフセットを0にして、もう一度テストCDを作成。このCDで、「読み取りサンプルオフセットの検出」をすれば、+103(=+97+6)のはずです。検出結果も+103でした。OKです。

今度は、DVDの方。CD-RWの方で、書き込みサンプルオフセットを+6に設定して、テストCDをもう一度作ります。このCDをDVDの方にセットして、、「読み取りサンプルオフセットの検出」。+12でした。基本的にこれであってるはずですが、、、。よく見ると、Exact Audio Copyを使った音楽CD完全バックアップにXJ-HD165Hがありました。+12でOKっぽいです。

参考までに、設定一覧。

 XJ-HD165HCRW5232
読み込みコマンドMMC1MMC1
読み込みサンプルオフセット訂正値+12+97
書き込みサンプルオフセット値-+6
UPC/ISRC-Yes
CD-TEXT-Yes
オーバーリード-リードアウトのみ
ギャップ検出方法方法C方法A
検出精度安全安全

|

« [エクセル] セルの書式設定、ユーザー定義 | トップページ | [エクセル] ボタンによるマクロの実行方法 »

「その他」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44406/1257086

この記事へのトラックバック一覧です: [EAC] ドライブ設定:

« [エクセル] セルの書式設定、ユーザー定義 | トップページ | [エクセル] ボタンによるマクロの実行方法 »