« FTPの転送モード | トップページ

PayPalボタンを使わずに、普通のカード決済のように導入する方法

PayPalは特に審査があるわけではないので、簡単にアカウントを作成できますので、零細企業にはとても便利なカード決済システムです。が、ちょっと、システムが複雑っぽく見える&説明ページが分かりにくいので、悩んでる方がたくさんいらっしゃるようです。

PayPalの決済方法は多彩ですが、PayPalのボタンを使わずに、とりあえず普通っぽく簡単につなぐ。手動が入っても良いと言う方法を説明します。

PayPalの決済方法

PayPalの決済方法はいくつかります。決済サービス - PayPalに紹介されてる方法は以下です。

  • PayPal ウェブ ペイメント スタンダード
    • PayPalの支払いボタン
    • 提携のショッピングカート
    • サードパーティショッピングカートへのPayPal の追加 【←これ】
    • インテグレーションカスタマイズ
  • PayPal メール決済
  • 追加の決済手段としての PayPal
    • エクスプレスチェックアウト(高速チェックアウト)
    • スタンダードチェックアウト(標準チェックアウト) 【←これ】

上の二つ、【←これ】は同じ内容です。今回説明するのもこれです。

1. HTMLタグ(必須)

基本はFORMのPOSTです。必須のタグは、以下の7つ。これで日本円でPayPalへつなげます。

invoiceは必須では無いですが、送らないと、後から特定が難しいので必須のようなものです。管理画面の請求書IDで検索できます

このHTMLを書けばOKです。これをどのステップで置くかがちょっと問題ですが、簡単にするなら、一番最後でいいんじゃないでしょうか? どうせ、決済確認は手動になりますので。

2. PayPal アカウント オプション をオンにする

PayPalの管理画面にログインして、「個人設定」の「販売の設定」の「ウェブ ペイメントの設定」を開いて、下の方にある「PayPal アカウント オプション サービス」を「オン」にします。

これをオンにしないと、PayPalの会員では無い(ほとんどの)お客さんが決済できなくなります。PayPal会員は日本では少ないと思うので、これは必須に近い設定です。

これをすると、自動復帰が非会員には無効になります。なので支払いデータ転送(PDT)が実質的に使えなくなります。つまり、オーダー確定処理が自動で出来ないということです。

3. 決済完了の確認は手動です

PayPal アカウント オプションをオンにするのは、ほぼ必須ですので、PDTが使えません。一般的なカード決済会社の場合は、決済完了後はこちらのウェブサイトへ戻ってきますが、PayPalの場合は戻ってきません。PayPalに行ってしまったら、行ったきりでオシマイになります。

お客さんがちゃんとカードを決済してくれて、ちゃんと完了してるかどうかを確認するには、メールを見るか、管理画面から確認してください。メールが来ないこともまれにあるので、管理画面がオススメです。

これで終わりです。決済確認が手動になりますが、これだけで審査なしでカード決済が使えるならある程度我慢しましょう。技術あれば、自動化もできますので、頑張ってください。

【おまけ】 それでもオーダー確定を自動化したい

「簡単」ではないので、おまけです。オーダー確定まで自動化したい場合は、以下の3つの方法があります

  • 支払いデータ転送(PDT)
  • 即時支払い通知(IPN)
  • エクスプレスチェックアウト(高速チェックアウト)

支払いデータ転送(PDT)は、一般的なカード決済会社と同じ方法です。決済完了後、オーダーデータ等をPOSTで受け取れます。ただし、 PayPal アカウント オプションのオフが必要です。つまり、 PayPal会員のみしか決済できません。実際のところ、無理ですね。

即時支払い通知(IPN)は、PayPal アカウント オプションがオンでも使えますが、流れが一旦切れます。バックグラウンドでデータが流れてきますので、お客さんはやっぱりPayPalで行って終わりです。そして、データベースが無いと実質処理できません。POSTやセッションだけでショッピングカートが作られてる場合は、この方法は使えません。

エクスプレスチェックアウト(高速チェックアウト)は、ショッピングカートの途中に組み込むのが基本です。WEBサービスAPIを使って処理します。とてもキレイに処理できますが、それなりの開発レベルを要求します。

【おまけ】 追加のHTML項目

必須ではないですが、お客さんの利便性のために。HTML Variables for Website Payments Standardを参考にデータを送ってあげると便利がと思います。郵便番号だけうまく行きませんが・・・

【おまけ】 マニュアル

今回の説明は、ほとんどPDFに載ってます。PDFマニュアルは、マーチャント向けリソース - PayPalにあります。リンク切れになるかもしれないので、ここからダウンロードしてください。下の2つ、同じ内容です。この辺がちょっと分かりにくい原因かも。

「ウェブ ペイメント スタンダード」の「インテグレーション ガイド 」、か、「追加の決済手段としての PayPal」の「スタンダード チェックアウト インテグレーション ガイド」の「4.複数商品の支払い: ショッピング カート」の「サードパーティショッピングカートへのPayPal の追加」あたりがメインになります。

|

« FTPの転送モード | トップページ

「Web」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44406/50415976

この記事へのトラックバック一覧です: PayPalボタンを使わずに、普通のカード決済のように導入する方法:

« FTPの転送モード | トップページ