PayPalボタンを使わずに、普通のカード決済のように導入する方法

PayPalは特に審査があるわけではないので、簡単にアカウントを作成できますので、零細企業にはとても便利なカード決済システムです。が、ちょっと、システムが複雑っぽく見える&説明ページが分かりにくいので、悩んでる方がたくさんいらっしゃるようです。

PayPalの決済方法は多彩ですが、PayPalのボタンを使わずに、とりあえず普通っぽく簡単につなぐ。手動が入っても良いと言う方法を説明します。

PayPalの決済方法

PayPalの決済方法はいくつかります。決済サービス - PayPalに紹介されてる方法は以下です。

  • PayPal ウェブ ペイメント スタンダード
    • PayPalの支払いボタン
    • 提携のショッピングカート
    • サードパーティショッピングカートへのPayPal の追加 【←これ】
    • インテグレーションカスタマイズ
  • PayPal メール決済
  • 追加の決済手段としての PayPal
    • エクスプレスチェックアウト(高速チェックアウト)
    • スタンダードチェックアウト(標準チェックアウト) 【←これ】

上の二つ、【←これ】は同じ内容です。今回説明するのもこれです。

1. HTMLタグ(必須)

基本はFORMのPOSTです。必須のタグは、以下の7つ。これで日本円でPayPalへつなげます。

invoiceは必須では無いですが、送らないと、後から特定が難しいので必須のようなものです。管理画面の請求書IDで検索できます

このHTMLを書けばOKです。これをどのステップで置くかがちょっと問題ですが、簡単にするなら、一番最後でいいんじゃないでしょうか? どうせ、決済確認は手動になりますので。

2. PayPal アカウント オプション をオンにする

PayPalの管理画面にログインして、「個人設定」の「販売の設定」の「ウェブ ペイメントの設定」を開いて、下の方にある「PayPal アカウント オプション サービス」を「オン」にします。

これをオンにしないと、PayPalの会員では無い(ほとんどの)お客さんが決済できなくなります。PayPal会員は日本では少ないと思うので、これは必須に近い設定です。

これをすると、自動復帰が非会員には無効になります。なので支払いデータ転送(PDT)が実質的に使えなくなります。つまり、オーダー確定処理が自動で出来ないということです。

3. 決済完了の確認は手動です

PayPal アカウント オプションをオンにするのは、ほぼ必須ですので、PDTが使えません。一般的なカード決済会社の場合は、決済完了後はこちらのウェブサイトへ戻ってきますが、PayPalの場合は戻ってきません。PayPalに行ってしまったら、行ったきりでオシマイになります。

お客さんがちゃんとカードを決済してくれて、ちゃんと完了してるかどうかを確認するには、メールを見るか、管理画面から確認してください。メールが来ないこともまれにあるので、管理画面がオススメです。

これで終わりです。決済確認が手動になりますが、これだけで審査なしでカード決済が使えるならある程度我慢しましょう。技術あれば、自動化もできますので、頑張ってください。

【おまけ】 それでもオーダー確定を自動化したい

「簡単」ではないので、おまけです。オーダー確定まで自動化したい場合は、以下の3つの方法があります

  • 支払いデータ転送(PDT)
  • 即時支払い通知(IPN)
  • エクスプレスチェックアウト(高速チェックアウト)

支払いデータ転送(PDT)は、一般的なカード決済会社と同じ方法です。決済完了後、オーダーデータ等をPOSTで受け取れます。ただし、 PayPal アカウント オプションのオフが必要です。つまり、 PayPal会員のみしか決済できません。実際のところ、無理ですね。

即時支払い通知(IPN)は、PayPal アカウント オプションがオンでも使えますが、流れが一旦切れます。バックグラウンドでデータが流れてきますので、お客さんはやっぱりPayPalで行って終わりです。そして、データベースが無いと実質処理できません。POSTやセッションだけでショッピングカートが作られてる場合は、この方法は使えません。

エクスプレスチェックアウト(高速チェックアウト)は、ショッピングカートの途中に組み込むのが基本です。WEBサービスAPIを使って処理します。とてもキレイに処理できますが、それなりの開発レベルを要求します。

【おまけ】 追加のHTML項目

必須ではないですが、お客さんの利便性のために。HTML Variables for Website Payments Standardを参考にデータを送ってあげると便利がと思います。郵便番号だけうまく行きませんが・・・

【おまけ】 マニュアル

今回の説明は、ほとんどPDFに載ってます。PDFマニュアルは、マーチャント向けリソース - PayPalにあります。リンク切れになるかもしれないので、ここからダウンロードしてください。下の2つ、同じ内容です。この辺がちょっと分かりにくい原因かも。

「ウェブ ペイメント スタンダード」の「インテグレーション ガイド 」、か、「追加の決済手段としての PayPal」の「スタンダード チェックアウト インテグレーション ガイド」の「4.複数商品の支払い: ショッピング カート」の「サードパーティショッピングカートへのPayPal の追加」あたりがメインになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FTPの転送モード

FTPでホームページを転送する前にやっておかないといけない設定があります。転送モードの設定です。

HTMLファイルだけの転送なら、どっちでもOK。配布されてるCGI プログラムのアップロードなどなら、作者の指示に従えばOK。ですが、自分でプログラムを書く場合、特にローカル(Windows)で作ったデータファイルをアップしてサーバー(UNIX)上のプログラムで使う場合、とても重要になってきます。

バイナリモードとテキスト(アスキー)モード

一般的に転送モードは以下の2種類です。

バイナリモード

何もしません。
そのままファイルを転送します。ローカルとサーバーのファイルサイズはまったく同じになります。

テキスト(アスキー)モード

改行コードを変換して転送します。
WindowsからUNIXのサーバーへ転送した場合、ファイルサイズは小さくなります。

FTPソフトによっては文字コードの変換もしてくれるものもあります。また、Unicode未対応のサーバーにUnicodeのファイルを転送する場合、テキストモード転送が失敗する可能性もあります。

改行コード

テキストモードで転送した場合、改行コードを自動的に変換してくれます。

Windows:Cr+Lf(\r\n)
Unix/Mac:Lf(\n)
昔のMac:Cr(\r)

ウェブサーバーはだいたいUNIXですから、テキストモードでデータファイルを転送した場合、改行コードはLf(\n)になります。改行を<BR>に変換したりする時は、\nを置換しなければいけません。\r\nを対象にするとマッチしないことになります。

バイナリモードで転送するファイル

改行コードが関係ないファイルや、変換したら困るファイルです。

画像ファイル(JPG、GIF、PNGとか)、圧縮ファイル(ZIP、LHZとか)、音楽ファイル(MID、MP3とか)、PDF、Flashなど

HTMLファイルはどちらでもOKです。HTMLファイルは改行コードは関係ありませんので、テキスト/バイナリどちらでもOKです。

テキストモードで転送するファイル

サーバー上で利用されるファイルです。

CGIプログラム(CGI、PL、PHPなど)、設定ファイル(.htaccessなど)などは絶対に。

ログファイルやテキストファイルなどは用途に応じて。プログラムで読み込んで使う時に、改行コードさえ分かっていればどちらでもOKです。一般的には、テキストモードみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ページビュー数の目安

ウェブサイトのページビュー数です。
まとめてくれてるサイトが見つからなかったので、
分かる範囲で調べてみました。

すべて一日当たりのページビュー数です。
信憑性は不明です。
参考ということで・・・

Googleのデータが欲しかったんですが、見つけられなかったです。
トップページビューとか凄いことになってそうな感じがしますが、
意外とそうでもないのかな?

サイト データ 総PV トップPV
Yahoo! 2005 9億 7000万
MSN 2004 7500万 1200万
Infoseek 2004 5200万 185万
Goo 2004 2600万 200万
Nifty 2005 - 200万
はてな 2005 930万 -
Vector 2005 380万 17万
検索デスク 2004 - 22万
うちの会社 2005 40万 9300
CYBER@GARDEN 2004 19000 3000
アクセス向上大失敗 2001 - 250
一文字に三つ星 2005 70 10
昔のサイト その1 1999 - 25
昔のサイト その2 2001 - 2500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス解析について

Webサイト運営するならアクセス解析は必須でしょう。

自分のサイトにどれだけの人が来てるのか?
どこから来てるのか?
どんなキーワードで検索してくれてるのか?

こういうのを調べることが事ができます。
どうせなら、全ページのアクセス解析がしたいですし、
たくさんの情報を知りたいと思います。

で、ちょっと調べてみたので、
どんな方法が使えるのかをまとめてます。

環境は、
 サーバーがUNIX(Linux)レンタルサーバー。
 ローカルがWindowsパソコン。

普通の人が、独自ドメインでサイト運営する場合、
多分、ごくごく一般的な環境になると思います。

生ログから解析

せっかくレンタルサーバー借りてるわけだし、サーバー側が生ログ提供してくれるなら、それを使わない手はないと思います。
サイト作成時にタグを埋め込む、なんて事もしなくていいので、楽です。

ただし、問題があります。
生ログ見ただけでは意味不明なので、
これを解析してくるツールソフトが必要です。

生ログから解析 - サーバー側で解析

サーバー側での生ログ解析で最も簡単な方法。
それは、レンタルサーバー会社の解析機能を利用する方法です。
生ログ提供してるレンタルサーバー会社なら、解析機能もあるはずです。

多分、
Analog
Wusage
どっちかは入ってると思います。

ただ見た目がいまいち。で、なんか分かりにくい。
不満です。

Analog + ReportMagic で綺麗になりますが、
共有レンタルサーバーでは設定変更できませんし、
新しいソフト入れれません。

専用サーバーとか、VPSとかなら、いろいろできます。
たとえば、
Urchin
サイトトラッカー
RTmetrics
高い! ですけど。。。 お金があるなら使えます。
一般人には関係ない話ですので、中身とかよく分かりません。

普通の人のサイト運用では、
レンタルサーバー会社の提供機能以外の選択肢はありませんので、
サーバー側での生ログ解析ってのは現実的じゃなさそうです。

生ログから解析 - パソコン側で解析

じゃぁ、自分のパソコンにログをダウンロードして解析すれば?
という事になります。

まず、必須事項。
当たり前ですが、ログがダウンロードできる事。
FTPでダウンロードできる方が楽でいいですね。

次にソフトです。
Download: Windows >Vectorに行けばちょっとあります。
ApacheLogViewer
wlog

でも、遅いです。かなり時間がかかります。のんびり待ちましょう。
wlogはExcelで表示するので、グラフとか作れます。
ApacheLogViewerも、CSV出力可能なのでExcelに貼り付け可能です。

実は、AnalogにWindows版があるので、それを動かしてもできます。
Unix文化圏のソフトなので、設定とかそういう系です。

自分のパソコンなので、ソフトの設定とかインストールも自由です。
Analog + ReportMagic の選択肢が使えます。
まだ、やってないですが、これだと良い感じになるんじゃないでしょうか?

あとは、お金がある向け。
ClickTracks
eIQ LogAnalyzer
一般人には、関係ない話です。


HTMLページにタグ埋め込み

HTMLファイルに解析用のタグを書き込んで、
アクセス解析をしてもらうパターン。

全ページの解析をするには、全ページにタグを書き込む必要があります。
アクセス解析と同時に、カウンター表示もできるもの、とかあります。

HTMLページにタグ埋め込み - 無料サービス

CGIの知識とかなくてもでき、最も簡単です。
レンタルサーバーじゃなくてもプロバイダーのウェブスペースでもできます。

例えば、
忍者TOOLS
無料アクセス解析

トップページの解析だけ、ってのが多かったり、
広告表示が義務付けられたりします。
無料なので、仕方がないです。

HTMLページにタグ埋め込み - 自分で設置

全ページの解析が可能で、広告表示の義務とかない方法。
CGI設置の知識があれば可能です。
これが、一番お奨めかもしれません。

CGIで解析するなら、
アクセス解析CGI An-Analyzer
高機能アクセス解析CGI Professional版
dopvSTAR*

この辺が有名です。フリーソフトか、安価なシェアウェア。

PHPで解析するなら、
PHP-STATS
BBClone
ミスターアクセス解析Lite

見た目が綺麗です。MySQLとかデータベースがいる場合もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEO勉強中!

SEOの勉強をしてます。本を1冊読みました。

検索エンジン対策のための小手先のテクニック、ってのもちょっとはあります。でも、SEOって、「当たり前のことをちゃんとしよう!」ってことですよね。

作成するサイトにテーマを持たせる

至極ごもっともなお話です。何のサイトか分からないようでは、SEOうんぬん以前の問題です。このbLog見たいな、なんの話があるのが分からないサイトには、誰も来ないでしょ。

1ページの量を少なくして、キーワードを決める

これって、作成者によって変わってくると思いますが、SEO的には短い方がいい。個人で作ってるサイトって長いページが多いですよね。1ページの量が長いと、サイト全体のページ数が短くなるので、管理が楽!ってのがあるんじゃないかと思います。昔、僕もそうでした。でも、ユーザービリティ的にも、検索エンジン対策としても短い方がいいのです。テーマが絞り込めるし、スクロールしなくて良い方が読みやすいですし。

タグをちゃんと使う

HTMLのちゃんとした定義と使い方。「意味と見栄えの分離」に基づいて、HTML4.01 Strict + CSS で書くって事でほぼ達成できます。でも、ホントに Strict するのは至難の業なので、ある程度のところまで。B じゃなくて STRONG。FONT じゃなくて H2 とか。あとは、CSSでがんばる。

ちゃんとした日本語

主語 + 述語 のちゃんとした文章を書く。人間にも分かりやすいし、プログラムにも良く分かるパターン。でも、ちょっと例外。指示語は使わない方が良い。

「その為には・・・」って書くなら「SEOの為には・・・」って書く。
「このサイトは・・・」って書くなら「一文字に三つ星では・・・」って書く。

でも、そもそも。。。

結局、ちゃんとしたサイトをきちんと作りつつ、SEO意識して文章を書いていけば、基本的にOK。あとは、ちょっとしたテクニックと一生懸命がんばる!ってことじゃないかと思います。なんじゃそりゃ、って感じですが、多分そんな話だと思います、SEOって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタイルシート、margin と padding

スタイルシートの マージン(margin) と パディング(padding) の違いです。スタイルシートのclass と id と同じで前から気になってたことです。勉強結果。

基本的な話

margin : 外側
padding : 内側

です。何に対してか、って言うのが border(枠線、BOX) に対して外側か内側です。この辺の図は、とほほのスタイルシート入門に。

普通の場合、border は指定しないので見えません。なので、パッと見た時。どっちで指定しても差がないような気がしますが、実はいろいろあるみたいです。

細かいところ

背景色の問題。margin(外側)は、透明で反映されない。padding(内側)は、背景色が反映される。理にかなった動作ですね。だって、外側は関係ないですから。

マイナスの値。margin(外側)は、OK。padding(内側)はダメ。よく考えれば、分からないでもないです。内側の場合、枠線の位置が0です。で、マイナスを指定すると、枠線より外側へ行ってしまうので、もう内側とはいえなくなってしまいます。だから、マイナスはダメです。

複数の要素が縦に並んでいて、しかも、margin(外側)指定がされている時。合計じゃなくて、最大値がとられる。この辺の話、ややこいので良く分かりません。ボックス属性とか、参照。

ほとんどの場合、インライン要素には margin(外側)/padding(内側) とも指定は出来ない。よくよく考えれば、当たり前かもしれません。インライン要素で、余白の指定をしなきゃいけないような状況はないはずなのです。

ブロック要素とインライン要素

<address> や <blockquote> のように、ブラウザ表示時に前後に改行がはいるものがブロック要素、<big> や <strong> のように、前後に改行がはいらないものがインライン要素と覚えておくと覚え易いでしょう。

インライン要素って、文字の色変更したり、大きくしたり、下線引いたりとかに使うものなので、余白がどうこうと言う話にはならないはずです。タブン。

で、結局・・・

ここまで分かったところで、実際どうすりゃいいのか。です。

引用文とかで、左側を空けたい時

margin-left:5em;

paddingじゃなく、marginが正しいはず。

テーブルの枠線から文字を離す

<td style="padding:5px;">

枠線と文字が引っ付きすぎて見にくいとき、paddingで指定します。

P要素で改行しない

<P style="margin:0px;">

で、改行させたくないP要素と、その前後のP要素に指定する。か、

p { margin: 0px; }

で、全体を改行させなくして、改行したい時は、BRを入れる。

1つのP要素にだけ指定しても、想定どおりになりません。理由は、マージンの圧縮 とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタイルシートのclass と id

前からの疑問、class と id の違いです。

スタイルシートの基本 -- ごく簡単なHTMLの説明

idによる指定の考え方は、基本的にはクラスと同じです。指定方法が「要素タイプ名#id」という具合になること、クラスは同じクラスなら複数箇所に適用されるのに対し、idは特定のidを持つ“要素”にだけ適用される点が異なります。

classは1ページに何回でも同じのを使える。
idは1ページに1回しか使えない。
ということですね。要は、

<p class="red">赤いの</p>
<font size="2" class="red">小さくて赤いの</font>
<p id="datatable">データ表</p>

って書いてるページに対して、

<span id="datatable">さっきのデータ表</span>

を、別の箇所には追加できない。

ここまでは、前からなんとなく分かってたんですが、でも、これだと ID を使うメリットがないので、全部 classでいいんじゃない?ってことになると思うんですが・・・。
idのホントの使い方、さっきのページのリンク先でみつけました。

ハイパーリンク -- ごく簡単なHTMLの説明

XHTMLでは文書内の名前付けの方法として、name属性ではなくid属性を使用することになっています。

a nameをやめて、id でやりましょう!ということなので、

<a name="datatable"><p class="blue">データ表</p></a>

ってするなら、

<p id="datatable">データ表</p>

ってしておいて、スタイルシートの定義部分でデザインをしてしまうと、楽ですよ。ということみたいです。普通の人がHTML書いてる分にはあんまり関係なさそうなので、idの話は頭においておきつつ、とりあえずclassでいいんじゃないんでしょうか?

ココログでもid指定がされます。 カレンダーをクリックすると、カレンダーに飛ぶはずです。タブン。


| | コメント (0) | トラックバック (0)